>> ビジネス文章はこちら

覚書のトラブル

何かの契約を交わす際に、契約書と覚書の使い方によって双方の誤解やトラブルやもあるようです。

私の知人で、ある事業所へ面接に行った際に契約書ではなく覚書で済まされ、本当に契約されたのか不安を抱いたり、疑惑を感じたりしたそうでそうです。

また、覚書の控をもらえなかったという話も聞いたことがあります。契約の際の覚書が紛らわしいと感じられている人も多そうですね。

覚書には、はっきりととした書式や形式、雛形、フォーマットといったものは無く、そのときの取り決めによって自分たちで工夫して書いているようです。

しかし、契約書として使うのなら話は重大になってくるでしょう。

署名や印鑑も必要になると考えられるので、「忘れないように書いておこう」のような使い方ではなくなってきますよね。

ちなみに、ビジネスの世界では覚書と契約書の違いは文字が違うだけだそうです。

ビジネスで相手と物事を取り決めるときに、その書類を「契約書」としても「覚書」としても、法律的な効果に違いはないようです。

重要なことは書かれている内容で判断され、表題が「覚書」として作成されても、取引に関して書かれていれば、実質的には「契約書」と見なされるとされています。

このような場合は、「覚書」という言葉に惑わされず、契約を実際交わしているのかをよく話し合う必要もありますね。

お互いの認識が甘いとトラブルのもとになる可能性が高いと言えますね。