>> ビジネス文章はこちら

契約についてカテゴリの記事一覧

契約の履行と効力について

ただの覚書とは違い、契約が成立すると当事者はその契約内容に拘束され、守る責任が生じます。

契約することによって発生した債務を債務者が任意に履行しない場合、債権者は訴訟手続・強制執行手続を踏むことによって、債務者に対し強制的に債務の内容の実現を求めることができるようです。

債務不履行が発生した場合では、債権者は契約の解除ができたり、債務者へ対して損害賠償を請求することができるそうです。

債務不履行の例では、納期までに商品を納めないなどの履行遅滞や、商品を破損し債務を履行できないなどの履行不能、商品を渡した後に欠陥が見つかるなどの不完全履行があります。

商取引や不動産などや、他のビジネスでもこれらのことがあってはならないので、しっかりと契約内容や見本を確かめ、慎重に契約を進めなければならないです。

契約の効力では、契約とはただの合意や約束とは違い、裁判を通じてその内容を強制執行などの形で、強制的に実現することもできます。

仮に契約違反をすると、契約で規定された賠償などの責任が生じたり、民法上債務不履行責任や不法行為責任を負わされることもあるようです。

また、実際では契約の効力とれているが実質、債権の効力という問題になるようです。

契約とは?

覚書には契約との関係性もあるため、契約について知ることは大切と言えます。

契約とは一般的に、対立し合う利害関係にある者同士がそれぞれ自分の利益をあげるための行為をすることに合意することとされています。

よって、当事者の間には一定の行為をする法的な義務が発生するケースが多いようです。

契約の種類には細かく、典型契約、非典型契約、双務契約、片務契約、諾成契約、要物契約、有償契約、無償契約
の8つに分けられています。

そして民法で言う典型契約とは、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭(雇用)、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解の13種類の契約を規定されているようです。

契約成立の例で言うと、Yさんが土地の所有権を有している場合にZさんがYさんの土地を買いたいという申込みの意思を示しました。

そして、Yさんが承諾の意思を示すことで売買の契約が成立するというものがあります。

契約とは原則的に当事者の意思表示の合意のみで成立し、仮に土地・建物の売買でも契約書を作成しなくても契約は成立するそうです。

ですが、契約書を交わして合意することで契約が成立したというお互いの証拠となるので契約書は重要と言えます。

人によっては覚書という形態をとる場合もあるようですが、署名サインや印鑑を押すことで契約書と同じように法的な効力を持つようです。